読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らうどろっくのヌヌメ(2冊目)

独断と偏見で好きな曲をひたすらようつべと音源と一緒に紹介していくブログ

音楽開拓方法のヌヌメ、バカにできないサントラ

http://www.sound-track.net/file/00/20080408.jpg

音楽知識を広げたい!
みんなが知らないような音楽知りたい!
好きなバンドのレア曲聴きたい!

 

音楽がどっぷり好きな人にとってのあるあるだと思うけど、個人的にお勧めの新しい音楽の発掘方法をご紹介。

 バカにできないサントラ

らうどろっくに関わる部分でしか知識がないのでw
全ジャンルに言える事かは確約できなんだけどねw

 

最近だと情報収集はSNSで簡単にできるけど、それでもこのサントラに注目してる人はまだ少ないんじゃないかなー?

 

サントラに注目するようになったきっかけはたまたま気になった映画に当時熱狂的にファンだったKornのVo:ジョナサンがサントラに関わってるって聞いたのがきっかけで、曲を提供してたんだけど、それが超絶カッコ良かったのよね。

 

実は結構アメリカのちょいホラー系やアメコミ系の映画はその挿入歌にその時代のホットなロック系アーティストが採用される事が多くて、その流れでその映画限定の曲があったり、同系統のバンドが集められるからいい感じのコンピになってることが多いです。

あ、パンクとかメロコアだったらハイスクール系を攻めてみてください、基本西海岸系のバンドが多いですw

 

ってことで、せっかくなのでこれを気に個人的に好きなサントラを今後も紹介していきます。

 

 サントラとの出会いになった音源

 最初の紹介ということでサントラに注目するきっかけになった映画含めてご紹介

クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア 特別版 [DVD]

クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア 特別版 [DVD]

 

 実はもともとこの前身作とも言える「Interview with Vampire」って映画がすごく好きで、その流れでこの「Queen of the Damned(邦題:クィーン・オブ・ザ・ヴァンパイア)」を知ったんだけど、同時期にこの映画にさっきも言ったようにKornのジョナサンが関わってる、かつ何故かヴァンパイアの映画なのにバンド物ってことを知りより気になってしまったわけ。

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [Blu-ray]

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [Blu-ray]

 

 

簡単な映画の内容

http://www.theplace2.ru/archive/queen_of_the_damned/img/Queen_of_the_Damned.jpg

100年の眠りについていたレスタトは、怒りと官能に満ちた音に触発され覚醒し、瞬く間に世界中を魅了するロック・スターになるが、一族の秘密を暴露し挑発したため、他のヴァンパイアから不興をかう。

一方、超常現象を研究するジェシーはレスタトの過去の日記を読み、レスタトがマリウスによってヴァンパイアにされた経緯やヴァンパイアとして生きることの拭い去れない孤独と苦悩を知る。

コンサート当日、レスタトの歌声に導かれ復活した、全てのヴァンパイアの母にして「呪われし者の女王」と恐れられるアカーシャが現れ、レスタトは全ての人間を滅亡させヴァンパイアの理想郷を作ろうとするアカーシャの伴侶として選ばれる。人間時代の子孫であるジェシーを助け人間との共生を謳うマハレットたちと対峙したアカーシャとレスタト。アカーシャはジェシーを殺すよう命令。レスタトは実行し、褒美としてアカーシャの生き血を所望する。

すると、レスタトはアカーシャの血を限度以上に吸い上げ、弱ったところをマハレットにより止めを刺される。瀕死のジェシーはヴァンパイアにされ、レスタトとともに去っていった。

wikipediaより

wikiではちょっと分かりにくいけど、要は久々に目覚めた主人公がヴァンパイアの女王と出会い、なぜか共に理想郷を目指す中でバンドで音楽による人間界への進出に発展するって話。

音楽は種族をも超える的な?(安易

 

じつはこの作品でヴァンパイアの女王の役を演じていたアリーアは当時注目されていたディーバだったんだけど、この作品の後に飛行機に事故で若くしてこの世を去ってしまったため、彼女の遺作になってしまってる。

その映画の中でヴァンパイアがやる曲がとにかくかっこいい!

System:この映画のために作られた曲

映画では主役のヴァンパイアが唄ってる風だけど、実際にはKornのジョナサンが唄ってます。

Kornにはないすごく繊細な曲になってるけどKornのダークさとその深い世界観が表現されてる名曲!

 

Before I`m Dead:Kidney Thieves

ぶっちゃけ映画の中では「どこで流れたの?」ってくらい存在が薄かった曲だけど、このサントラに参加したアーティストの曲で一際異彩を放ってたのがこのKidney Thievesってバンド。

らうどろっくと言うより比較的インダストリアル要素が強いけどこの映画の世界観にもかなりマッチしてて、いい意味で脱力感のあるメロディがかなりツボでした。

即このバンドの音源も買いました。

オリジナル・サウンドトラック クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア

オリジナル・サウンドトラック クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア

 
Zerospace

Zerospace

 

 

新たな発見にサントラを是非

 映画と音楽ってやっぱり切っても切れない関係なんだと思うんだけど、こうやってサントラから新しく気になるバンドがいればアルバムを買う、とういう流れで新規に発掘していくと今度はそのバンドが参加してるサントラからまた新しい音楽の発見につながったりと結構面白いです。

似た系統で繋がっていくので自分の趣味とのマッチ度も高いし、この発掘方法は個人的に強くお薦めです!